1部リーグ 第1節 20170506日()ビックカメラ高崎 VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【BIC】上野由岐子
敗戦投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
打撃成績 【戸田中央】 
【BIC】 
バッテリー
戸田中央大平未沙稀、●ジョーダン・テーラー-坂本結愛
BIC○上野由岐子-我妻悠香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 第50回日本女子ソフトボールリーグ1部・第1節千葉大会第1日第1試合は、開幕節の日立 サンディーバ戦、延長タイブレーカーにもつれ込む「死闘」の末、「期待の若手」中西舞衣の劇的な逆転サヨナラ打で4-3と競り勝ったビックカメラ高崎 BEE QUEENと、SGホールディングス ギャラクシースターズに1-3で敗れ、連敗スタートだけは避けたい戸田中央総合病院 Medicsが対戦した。
 
 Medics・大平未沙稀、BEE QUEEN・上野由岐子の先発ではじまった試合は、両投手が走者は出すものの、粘り強いピッチングを展開。Medicsは3回表、7番・上原依万里がキャッチャー前にバントヒットを決め、チーム初安打。しかし、続く8番・高橋亜珠美が空振りの三振に倒れ、スタートを切っていた一塁走者も刺され、最悪の三振ゲッツー。チャンスを活かせず、続く4回表にも二死から3番・本間紀帆の三遊間安打、4番・小沢佳那子の内野安打等で二死ながら一・三塁のチャンスを作り、一塁走者が盗塁。このとき三塁走者が本塁突入を焦ったか、飛び出してしまい、三・本間で挟殺プレーとなり、タッチアウト。走塁ミスでまたしてもチャンスを潰してしまった。

 一方、BEE QUEENも初回の一死二塁、4回裏の一死一・二塁、5回裏の二死一・二塁と再三得点圏に走者を進めながら「あと一本」が出ず、両チーム無得点のまま、延長タイブレーカーに突入した。

 延長8回表、Medicsはタイブレーカーの走者を二塁に置き、5番・田中江里奈が手堅く犠打で送り、一死三塁。代打・戸田実花のファーストへの当たりがフィルダースチョイスとなる間に三塁走者が生還し、1点を先制した。

(※延長8回表、一死三塁からMedicsが待望の先取点を挙げる!)

 「難攻不落」の好投手・上野由岐子を相手に、待望の先取点を挙げたMedicsはその裏、ここまでBEE QUEEN打線を4安打・無失点に抑えてきた大平未沙稀に代え、ジョーダン・テーラーを投入。勝負に出たが、結果的にはこの投手交代が裏目となり、BEE QUEENは3番・糟谷舞乃のセカンドゴロでタイブレーカーの走者を三塁へ進め、4番・山本優が敬遠気味の四球で歩くと、すかさず盗塁。一死二・三塁とチャンスを広げ、5番・内藤実穂がキッチリとセンターへ犠牲フライを打ち上げ、三塁走者が生還。同点に追いつき、試合を振り出しに戻した。

 これでBEE QUEENに試合の流れが傾き、まず「エース」上野由岐子が9回表のMedicsの攻撃を、自らのエラーで無死一・三塁のピンチを招きながらも無得点に抑え、グッと勝利を引き寄せると、その裏、タイブレーカーの走者を7番・小松美樹の犠打で三塁へ進め、8番・我妻悠香が「キャプテンの意地」でヒットエンドランを成功させ、三塁走者がサヨナラのホームイン! 開幕節に続き、延長タイブレーカーにもつれ込む「死闘」を制し、2試合連続のサヨナラ勝ち。手に汗握る接戦をモノにした。

(※延長9回裏、「キャプテン」我妻悠香がヒットエンドランを決め、BEE QUEENがサヨナラ勝ち!)

 投げては「エース」上野由岐子がMedics打線を被安打4・奪三振9に抑える好投。「世界の上野」を一目見ようと駆けつけた観客の期待に応える「圧巻」のピッチングで2勝目を挙げた。

 敗れたMedicsは勝ち星なしの2連敗。「世界のエース」上野由岐子を相手に先手を取りながら無念の逆転負け。先発・大平未沙稀がBEE QUEENの強力打線を4安打・無失点に抑えていただけに、打線の援護があれば、また違った試合展開になっていたのだが……。ただ、試合内容は悪くないだけに、早く「白星」という「良薬」を手に入れ、巻き返しを図りたいところだ。

776
2017
5
6
05
06
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc