1部リーグ 決勝トーナメント 20161127日()太陽誘電 VS 日立

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】尾崎望良
敗戦投手【日立】小薗美希
打撃成績 【日立】《本》佐々木瞳、山田恵里
【太陽誘電】《本》河野美里、尾崎望良《二》佐藤みなみ
バッテリー
日立泉礼花、●小薗美希-清原奈侑
太陽誘電藤田倭、○尾崎望良-佐藤みなみ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打




  「第49回日本女子ソフトボールリーグ」1部決勝トーナメント第2日・第1試合(3位決定戦)は、トヨタ自動車 レッドテリアーズに敗れ、敗者復活戦に回った太陽誘電 ソルフィーユと、「連覇」を狙うビックカメラ高崎 BEE QUEENの難攻不落の「エース」、「現役進化形レジェンド」上野由岐子を打ち崩し、この3位決定戦に勝ち上がってきた日立 サンディーバが対戦した。

 ソルフィーユは、初回の守りにつくと同時に4番・ピッチャーに入っていた藤田倭の守備を6番・DPに入っていた尾崎望良に兼務させ、「実質的な先発ピッチャー」とし、試合をスタートさせた。その立ち上がり、一死から2番・松岡くるみ、3番・林佑季の連打で一・二塁のピンチを招き、4番・佐々木瞳にセンター頭上を越えるスリーランを浴び、いきなりの3失点。ソルフィーユの今シーズンの「躍進」を支えてきた「得意の戦術」であり、藤田倭、尾崎望良の「左右の二枚看板」「Wエンジン」を最大限に活用するための戦術ではあるのだが……。この試合ではそれが「裏目」となり、初回で3点のビハインドを背負うことになった。

 3点を追うソルフィーユは3回裏、ここまで無得点に抑えられていたサンディーバ・先発の泉礼花をとらえ、二死走者なしから2番・岡本由香が二遊間を抜くヒットで出塁。続く3番・河野美里がフルカウントからの7球目、見逃せばボール気味の高めのボールをとらえ、センター頭上を越えるツーランホームラン。頼れる「チームリーダー」、得意の「悪球打ち」で1点差に迫った。
 この「一発」で息を吹き返したソルフィーユは4回裏、6番・尾崎望良がツーボール・ワンストライクからの4球目をライトポール際に運ぶ同点のソロホームラン。自らの失点をバットで取り返す同点ホームランを叩き込み、試合を振り出しに戻した。

 試合は3-3の同点のまま、7回表を迎え、サンディーバはこの回先頭の1番・山田恵里がフルカウントからの6球目を「完璧」にとらえ、センター頭上を越える勝ち越しのソロホームラン。「ここぞ!」という場面でこそ輝く「千両役者」の一発で勝負は決したかに見えた。

 ソルフィーユはその裏、この回先頭の1番・原田のどかが四球を選び、出塁。2番・岡本由香は走者を送れず、三振に倒れ、3番・河野美里のライト頭上を襲う痛烈な当たりもライト・長谷川千尋に好捕され、「万事休す」と思われたが、ここから4番・藤田倭がレフト前ヒットでつなぎ、5番・大塚枝里香が完全に詰まらされながらも「執念」でレフト前に落とす同点のタイムリー。土壇場で試合を振り出しに戻し、試合は延長タイブレーカーへともつれ込んだ。

 延長8回表、サンディーバは強攻策が裏目となり、無得点。その裏、ソルフィーユは送りバントを警戒するサンディーバ守備陣を引きつけ、7番・佐藤みなみがバントの構えから強打に切り替え、右中間を破るタイムリーツーベース(上段写真:8回裏、ソルフィーユは「キャプテン」佐藤みなみの右中間を破るツーベースで歓喜のサヨナラ!)。粘るサンディーバを振り切り、トヨタ自動車 レッドテリアーズの待ち受ける決勝へ駒を進めた。

 敗れたサンディーバは、「連覇」を狙う「2強」の一角・ビックカメラ高崎 BEE QUEENを破り、この試合でも佐々木瞳のスリーランホームランで先手を取り、同点に追いつかれた後も、「現役進化形レジェンド」山田恵里の一発で勝利をほぼ手中にしていたのだが……(下段写真:サンディーバは7回表、「現役進化形レジェンド」山田恵里の一発で勝ち越し、誰もが勝利を確信したが……)。惜しくも敗れ、3位でシーズンを終了した。



670
2016
11
27
11
27
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    pc