1部リーグ 第10節 20161106日()戸田中央総合病院 VS 豊田自動織機

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】栗田美穂
敗戦投手【戸田中央】大平未沙稀
打撃成績 【豊田織機】 
【戸田中央】《二》坂本結愛
バッテリー
豊田織機○栗田美穂-ケイリン・キャスティーヨ
戸田中央●大平未沙稀、サラ・パウリー-坂本結愛、ブリトニー・サヴァンティーズ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打


 「第49回日本女子ソフトボールリーグ」1部第10節広島大会第2日第3試合は、ここまで9勝12敗で7位、決勝トーナメント制導入以来22年間続けてきた「4強」入り、「決勝トーナメント進出」が途切れてしまった豊田自動織機 シャイニングベガと、通算成績6勝15敗で同率9位の戸田中央総合病院 Medicsが対戦した。
 
 シャイニングベガは2回表、Medics・先発の大平未沙稀を攻め、一死から7番・佐藤光紗がライト前ヒットで出塁。次打者の内野ゴロの間に二塁へ進み、9番・舛田妃美呼がセンター前にはじき返すと、この打球の処理をもたつく間に二塁走者がホームイン(上段写真:2回表、シャイニングベガは舛田妃美呼のセンター前ヒットに相手守備の乱れが絡み、先取点を挙げた)。シャイニングベガが先取点を挙げた。

 シャイニングベガの先発は栗田美穂。前日の伊予銀行 ヴェールズ戦では、6回表、同点に追いつかれ、なお一死一・三塁のピンチでリリーフに立ち、見事な「火消し役」を演じ、その裏、滅多に見ることのできない打席に入る姿を披露したかと思えば、決勝点の契機となるツーベースヒットを放つ等、投打にわたる大活躍を見せた「ヒロイン」が、この試合でも先発に起用され、走者は出すものの、要所をしっかりと締めるピッチング。Medics打線に得点を許さない。

 打線もこれを援護し、5回表には、7番・佐藤光紗のセンター前ヒット、犠打失策等で一死二・三塁の追加点のチャンスを作ると、代打に起用されたベテラン・西山麗がセンターへキッチリと犠牲フライを打ち上げ、1点を追加。2点差にリードを広げた。
 7回表には、6回途中から登板していたサラ・パウリーを攻め、四球、2本の内野安打等で二死満塁のチャンスを作ると、5番・中森菜摘がライト前にタイムリー。二者が還り、ダメ押しとなる2点を追加した。

 守っては、先発・栗田美穂が緩急自在のピッチングで最後までMedics打線に的を絞らせず、見事な完封。今節連勝で通算成績を10勝12敗とし、7位でシーズンを終えた。

 敗れたMedicsは6勝16敗の10位でシーズンを終了。ギリギリのところで「1部リーグ残留」は果たしたものの、この試合でも打線が完全に沈黙(下段写真:Medicsはシャイニングベガ・栗田美穂の緩急自在のピッチングの前に4安打完封負け。最終戦でも「完敗」を喫し、課題の残るシーズンとなった)。投打の「主軸」として期待された外国人選手も十分に機能したとは言い難く、来シーズンへ向けてのチームの立て直しに期待したい。



660
2016
11
6
11
06
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    コカコーラ     セレスポ
    pc